131922

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
高橋亮子センセのマンガでキュンとなったら・・・

お気軽に、ひと言どうぞ
『読んだよ〜』のうれしいお言葉、お待ちしてます



お名前
Eメール
Subject 入力禁止
タイトル
メッセージ
メッセージ中にはURL欄と同じURLを書き込まないで下さい
URL 入力禁止
URL
イメージ   [イメージ参照]
削除キー (英数字で8文字以内)
文字色

◆ ありがとうございました。 投稿者:  引用する 
くま 突然の質問で申し訳なく思っております。
私、おじさんですが、高橋先生の作品は女の子が可愛らしくてとても好きでした。
回答、ありがとうございました。これからもちょくちょく寄らせて頂いても構いませんか?
2013/08/26(Mon) 09:10:39 [ No.23 ]

◆ 教えて。 投稿者:  引用する 
くま 高橋亮子先生の初期の作品で、読み切りなんですが、
ベレー帽を被った可愛いおとなしい女の子が出てくる
作品の名前を知りませんでしょうか?
2013/08/24(Sat) 20:07:55 [ No.21 ]
◇ Re: 教えて。 投稿者:   HomePage    引用する 
うさぎ いらっしゃいませ♪
管理人のChiakiです(^^)

毎日暑いですね〜(^^;;
さてさて、『ベレー帽を被った可愛いおとなしい女の子が出てくる読みきり作品』ですね?

・・・「史郎の恋」、かな?
フラワーコミックス「つらいぜ!ボクちゃん」の2巻に収録されています。
良かったら見てみてくださいませ☆
2013/08/25(Sun) 13:22:36 [ No.22 ]

◆ 娘 投稿者:  引用する 
ひつじ またまた、投稿します。
最近、小学4年の娘が私の高橋亮子さんのマンガにはまっています。大好きなまんが!と言っています。古くなってページが取れそうな、坂道のぼれは一度しか読ませていませんが、そう言えば昔、私が今の娘くらいの年に同級生の女の子がつらいぜボクちゃんを学校に持ってきて、読ませて!と私がいっても、まだあなたには早い!とくすくす笑われました。今マンガを読んでいる娘を見ると、確かに、この年の男の子は幼稚だなー。と感じて昔の自分と重なり笑ってしまいました。娘にも高橋亮子さんのマンガが心に刻まれていくのを見ると、不思議で嬉しい気持ちになります。
2013/05/14(Tue) 09:40:25 [ No.20 ]

◆ 底の方。 投稿者:  引用する 
ひつじ 初めまして。こんなページがあるのですね。私は昔マンガ家だった事があります。で、少女マンガで唯一心の底に残ったのが、高橋亮子さんのマンガでした。何度泣いたことか、生きるのがへたな人、世の中が全てハッピーエンドじゃない。と,言うのもこのマンガで知ったような気がします。私は夏の空色が一番好きです。泣けます。坂道のぼれのイラスト集も今でも大事にとってあります。男でもうおじさんですが、心の奥底に今でもジーーンとする、高橋さんのマンガから感じた感動ややりばのない切なさなど残っています。
2013/02/14(Thu) 21:56:36 [ No.18 ]
◇ Re: 底の方。 投稿者:junbo  引用する 
くま Chiaki様、tomo様初めまして。
私も男でおじさんですが、中高生の時に集めた亮子センセの本は今でも手許に有ります。
好きなヒロインは「ボクちゃん」こと望ちゃんです。
男勝りで元気一杯なのに、とても華奢で繊細なところがもう!ベタ惚れでした。
それから記憶に残るシチュエーションとしてはズバリ「輸血」でしょうか。
好きな異性の血が自分の血に混じると言う現象に、
当時の少年はドキドキしたのでした。
2013/03/11(Mon) 19:06:08 [ No.19 ]

◆ マイ・ダイヤモンド ロマンチックLOVE 投稿者:たんぽぽ  引用する 
うし またまた、こんばんは♪
2004年発行の「マイ・ダイヤモンド ロマンチックLOVE」を入手しました!
で、真っ先に読んだのが、亮子先生からの1Pメッセージ(^▽^;
勿論、「6月の神話」を楽しみに購入したのですが、
亮子先生ご自身のご様子が分かる、一番直近の本ってこれですものね??
だから、とっても待ち遠しかったのです〜。
それでも、7年も前ですが。。。でも嬉しかったです。^^

すみません。本題に入ります;
そのメッセの中に「これの続編として描いた作品『冬の庭』P51の原稿が紛失してしまって、現在、私の手元にない
でも、最近、読み返してみたら前編だけでも、まあいいかな……って」と仰ってるのですが、

いくらネットで調べても「冬の庭」は一回の読み切りで、
前編、後編での掲載とはなっていませんでした。

???
色々考えた末、出した結論は、
これは、亮子先生が「6月の神話」を前編とし、「冬の庭」を後編と思っていらっしゃるからのお言葉だと
解釈すれば良いのかしら?と思ったのですが。それで良いと思われます? 

すみません、細かくて; 今、亮子先生の事は何でも知りたいビョーで;


。のですが、亮子先生の
2011/08/01(Mon) 23:17:45 [ No.11 ]
◇ Re: マイ・ダイヤモンド ロマンチックLOVE 投稿者:たんぽぽ  引用する 
うし すみません!文の最後に変なのが残ってて;
削除キーを入れ忘れちゃって修正できません。ごめんなさい(^^;
2011/08/01(Mon) 23:21:41 [ No.12 ]
◇ Re: マイ・ダイヤモンド ロマンチックLOVE 投稿者:   HomePage    引用する 
うさぎ どうぞお気になさらずに〜。

今日は遅くなってしまったので、また改めてレスしますね。

でもここだけ。
> すみません、細かくて; 今、亮子先生の事は何でも知りたいビョーで;
ハイ!ハイ!ハイ!わたしもです!(^^)/
2011/08/02(Tue) 02:40:37 [ No.13 ]
◇ Re: マイ・ダイヤモンド ロマンチックLOVE 投稿者:たんぽぽ  引用する 
くま ありがとうございます!

わ〜い♪同胞、同志、同病!(爆)  …失礼(^^;

あ、すみません。どうぞ、いつでも〜^^
また、お時間の出来ました時にでも、ゆったりお付き合い頂けると嬉しいです♪
2011/08/02(Tue) 17:54:29 [ No.14 ]
◇ Re: マイ・ダイヤモンド ロマンチックLOVE 投稿者:   HomePage    引用する 
うさぎ > わ〜い♪同胞、同志、同病!(爆)  …失礼(^^;
同病ですか!? うーん・・・全く否定できません!!(^^)

さてさて・・・
> これは、亮子先生が「6月の神話」を前編とし、「冬の庭」を後編と思っていらっしゃるからのお言葉だと
> 解釈すれば良いのかしら?と思ったのですが。それで良いと思われます? 
『冬の庭』、月刊ララの1985年1月号に掲載された読み切りですね。実は手元にあるのです〜。(エヘ)
カラーの扉ページには、『冬の庭』のタイトル文字の脇に、『「6月の神話」続編』とあります。
また本編の欄外にも同様のこと(続編であること)が書かれています。

内容ですが、本編1ページ目の欄外紹介文を引用すると、
『水谷彩の心の中に、鮮やかな印象を残した工藤総太郎との出会い−そして、二年半の歳月が流れた今でも・・・』
となっていて、『6月の神話』と話はつながっています。

・・・なので、後編または続編という位置づけで良いと思います♪
2011/08/03(Wed) 01:39:01 [ No.15 ]
◇ Re: マイ・ダイヤモンド ロマンチックLOVE 投稿者:たんぽぽ  引用する 
くま うわぁ、当時の月刊をお持ちなんですか!? 凄〜い!!
貴重ですねぇ。素晴らしいです(はぁと)

すみません。ご丁寧なお返事ありがとうございました。
とっても良く分かりました〜(^^)
『冬の庭』是非、読みたいです♪

さて、どうにかこうにか方法を考えなくては……。うふ。(変)
その内、またお邪魔させて頂きま〜す。^^
2011/08/03(Wed) 21:31:10 [ No.16 ]
◇ Re: マイ・ダイヤモンド ロマンチックLOVE 投稿者:   HomePage    引用する 
うさぎ > 『冬の庭』是非、読みたいです♪
お貸ししましょうか?
よろしければ直接メールくださいませ。
2011/08/05(Fri) 01:22:00 [ No.17 ]

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | |

投稿者 No. 削除キー

- YY-BOARD - icon:MakiMaki
- Antispam Version -

高橋亮子センセのマンガと関係ないコメントはご遠慮ください
「つまんない」とか「○○の方がいい」とか、そういうマイナスの書き込みも、ごめんなさい、しないでくださいませ
わがままで 本当に すみません